MightyBook

国際交流基金モスクワ日本文化センターと開催した『てぶくろをかいに』の絵本表紙コンクールに500作品以上の応募。

2021年04月02日

マイティブックが国際交流基金モスクワ日本文化センターと開催した『てぶくろをかいに』の絵本表紙コンクールに500作品以上の応募がありました。ロシア以外の国からも多数の応募でコロナに負けない国際コンクールになりました。両国の審査員による審査発表は5月末に、国際交流基金モスクワ日本文化センターとマイティブックのホームページで発表予定です。

コロナ禍で行動が制限される中でもロシアの人々に日本の文学に楽しく触れ合って欲しいと、マイティブックは「日本のお話 表紙作りコンクール『てぶくろをかいに』」を企画、国際交流基金モスクワ日本文化センターが主催となり、同センターのホームページで2020年12月20日から作品募集を開始しました。

締め切りの2021年3月31日までに、日本文化センター公式YouTubeに掲載された動画「てぶくろをかいに」の再生回数は4300回を超え、500作品以上の「てぶくろをかいに」の創作表紙が寄せられました。

また、応募はロシアのみならず、スロベニア、ベルギー、フランス、ブルガリア、アルメニア、ベラルーシ、ウクライナ、ウズベキスタン、モルドバ、キルギスタン、エストニア、カザフスタン、トルコからも多数あり、予想外の国際コンクールとなりました。

審査はロシアと日本で行われ、ロシア側では日本の児童文学作家の角野栄子さんが2018年に作家賞を受賞した国際アンデルセン賞を、画家賞で受賞したイーゴリ・オレイニコフさんが審査員として参加しています。日本側の審査は課題動画の朗読をした歌手の井上あずみさん&ゆーゆさん、イラストのはせがわゆうじさん、他審査員で4月13日に淑徳大学 東京キャンパス(板橋区)で行います。

両国の審査結果は5月下旬に国際交流基金モスクワ日本文化センターとマイティブックのホームページで発表予定です。

2021年4月13日に淑徳大学で実施予定の審査会取材の受付も行っております。詳細はマイティブックまでお問合せください。また、コロナの感染拡大防止のため人数制限と事前の申し込み(2021年4月6日まで)をお願いしております。

 

 日本のお話 絵本の表紙作りにチャレンジ !!

<コンクール・テーマ作品> 『てぶくろをかいに』

作:新美南吉/絵:はせがわゆうじ

読み聞かせ:井上あずみ&ゆーゆ/演奏:森の五重奏団

日本のお話「てぶくろをかいに」の絵本の表紙を作ってみませんか?

国際交流基金モスクワ日本文化センター公式You tubeに掲載した読み聞かせ「てぶくろをかいに」をテーマに、絵本の表紙コンクールを実施。(募集要項の詳細


課題の「てぶくろをかいに」の動画は、日本語朗読をジブリソングでおなじみの井上あずみさん&実娘で歌手のゆーゆさん、動画イラストをイラストレーターはせがわゆうじさん、お話と朗読に合わせた演奏は森の五重奏団によるものです。(2020年10月1日に日本で開催された「森のコンサート」で使用した映像と音源を有限会社ドレミおよび関係各位のご厚意でご提供いただきました)

<国際交流基金>

独立行政法人国際交流基金(The Japan Foundation)は、総合的に国際文化交流を実施する日本で唯一の専門機関で、1972 年に外務省所管の特殊法人として設立され、2003 年 10 月 1 日に独立行政法人となりました。現在海外24カ国に25拠点があり、国際交流基金モスクワ日本文化センターは、ロシアで 在外公館、日本研究機関、日本語教育機関や文化交流機関等と連携し活動を行っています。

コンクール概要

https://jpfmw.ru/ru/events-archive/konkurs-na-sozdanie-oblozhki-k-yaponskoj-skazke-za-rukavichkami.html

テーマ】「てぶくろをかいに」 

読み聞かせ(ロシア語字幕付き)

作:新美南吉/絵:はせがわゆうじ

朗読:井上あずみ&ゆーゆ/演奏:森の五重奏団

https://www.youtube.com/user/JFMoscowOffice/videos